期間工にもいろいろな職種がある

期間工の仕事は、基本的には企業の工場のラインに入っての作業がほとんどです。
自動車工場であったり、電化製品であったり、精密機械など、その扱う製品は様々なものがあります。



自動車工場での期間工は扱っている製品が大型のものが多く、重労働が多くなります。
配属される部署にもよりますが、体力がないときつい場合があります。
しかし、最近ではアシスト機能を備えたパワーユニットによって、人のサポートを行ってくれることもあります。

日本経済新聞の最新情報を掲載しました。

そのため、以前と比べればそれほど重労働ではなくなっていますし、一人でやる作業を分担して行うことで、労働災害の発生も抑えられるようになっています。
電化製品の期間工は、普段私たちが扱うような製品を組み立てる作業がメインとなる可能性が高いです。


なじみのある分だけ、作業のしやすさは他の業種より楽です。

ものによっては大型家電もあるので、その点で重労働になる場合もありますが、自動車製品と比べるとそこまで大きなものはありません。

期間工の基礎知識をご説明をしたいと思います。

精密機械などを扱う工場では、扱う部品自体がとても小さいものが多く、重労働になることもありません。しかし、小さな部品を扱うことが多く、人によっては作業しにくいと思う人もいると思います。
期間工には様々な工場で働く場合が多いです。

募集している企業をよく見て、自分に合った職種を探すのがいいと思います。

選択肢も多いので、よく検討したうえで体力的に無理のないものを選ぶようにしましょう。