期間従業員の求人の企業側のメリットについて

期間従業員の求人は様々な事業分野で行われています。一般的には一定の季節、又は時期にだけ需要が集中する事業のために求人が行われるものであると言えます。



しかし製造業など年間を通じて安定的に需要がある業種でも期間従業員の求人が行われているケースが少なくありません。



この様な募集活動が行われる背景には企業側にとってもいくらかメリットがあるからであると考えられています。

製造業の場合には需要の増減という外部要因によって必要となる労働力に変化が生じる場合が少なくありません。

その様な場合においては正規雇用の職員を仕事が無いからと言って減らすことは出来ません。

一方期間従業員を一定の間隔で雇用し続けている場合には、新規での採用人数を調整することで不足する労働力の補充や余剰となる労働力の削減のために活用することが出来ます。

この意味においては労働力の調整弁としての役割を果たしていると言えます。

今年、最も指示を集めたジョルダンニュース!情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

期間従業員は採用の段階において既に雇用期間の満了時期が明確になっているのが特徴です。
この条件での雇用となりますので賃金面においては一般的な非正規雇用の従業員よりも優遇されているのが一般的です。
また宿舎などが完備されていることも多く、遠方からの出稼ぎ労働者には非常に適している雇用形態です。
この様な仕組みは雇用側の企業にも、雇用される側の従業員にも一定のメリットがある仕組みとして広く受け入れられている仕組みとなっています。